ココネルエアーとプラスの違いは何?いつまで使えてレンタルはあるの?

当ページのリンクには広告が含まれています。

赤ちゃんのお迎えは、家族にとってこの上なく大きな喜びと楽しみですよね。

一方で準備すべきことが山積みで、お迎え準備も何から手をつけていいかわからなくなることも。

赤ちゃんが日々安心して眠れる場所、つまりベビーベッド選びは、赤ちゃんお迎え準備の中でも、課題の1つでしょう。

市場には様々なモデルがありますが、折りたたみベッドで注目されているのがアップリカの「ココネルエアー」と「ココネルエアープラス

これらのベビーベッドは一見似ていますが、細かく見ると子育てのニーズに応じた違いがあります。

そうなると、「どちらを選べばいいの?」という疑問が湧いてきますよね。

短期間だけ必要、または初期費用を抑えたいというケースであれば、レンタルという選択肢も気になるところ。

そこで今回は、

  • 両モデルの違い
  • それぞれのメリットからのおすすめ
  • レンタルサービスについて

についてわかりやすく解説していきます。

目次

ココネルエアーとプラスの違いは何?

ココネルエアーココネルエアープラスは、赤ちゃんが使うベビーベッドとして非常に人気があります。

この2つにはいくつかの違いがあり、それぞれに独自の特徴がみられます。

具体例を挙げながら、これらの違いについて説明していきましょう。

  • マットの丸洗いの可否
  • カラーバリエーション
  • 重さ
  • 価格

マットの丸洗いが可能か

まず大きな違いの1つが、「マットの丸洗いができるかどうか」です。

ココネルエアープラスのマットは取り外して洗濯機で丸洗いができます。

赤ちゃんがよく汗をかいたり、時には食べ物や飲み物をこぼすことがあるので、清潔を保ちたい親御さんにとっては大きなメリット

一方で、ココネルエアーのマットは丸洗いできないため、清掃に少し工夫が必要です。

どんなマットか実際に見て確かめてみるといいかも。

展開されているカラーバリエーション

ココネルエアープラスは、より多彩なカラーで展開されており、お部屋のインテリアに合わせやすい選択肢があります。

一方、ココネルエアーカラーバリエーションが少なめですが、それでもシンプルでおしゃれなカラーがそろっています。

これは、なかなか選ぶのが難しいポイントかもしれないわね。

重さとサイズ

両モデルは、ほぼ同じサイズで設計されていますが、重さに若干の違いがあります。

ココネルエアープラスは、より多機能な分、少し重くなっています。

軽さを優先するならココネルエアー機能性を優先するならプラスを選ぶといいでしょう。

家の中で移動させる頻度によっては、選択の決め手になるかもしれないわね。

価格

ココネルエアープラスは、ココネルエアーに比べて価格が少しお値段高めに設定。

これは、マットの丸洗いが可能であることや、カラーバリエーションが豊富であることなど、追加された機能によるものです。

機能やカラバリを差額で購入する、という考えになるかしら。

ココネルエアーとココネルエアープラスはいつまで使える?

気になる使用期間についてもみていきましょう。

赤ちゃんが使うベビーベッドは、ただかわいいだけでなく、安全で長く使えることが大切ですよね。

そこで、ココネルエアーココネルエアープラス、この2つのベビーベッドはどのくらいの期間、赤ちゃんに安全に使ってもらえるのでしょうか。

ココネルエアーとココネルエアープラスの使用期間

まず、両モデルともに、新生児(体重2.5kg)から使い始めることができ、およそ24ヶ月(体重13kg)までの赤ちゃんに対応しています。

これは、赤ちゃんの成長速度や大きさによって多少前後するかもしれませんが、大体2歳頃まで使えると考えましょう。

なぜこの期間使えるのか?

安全性

アップリカのベビーベッドは、赤ちゃんの安全を第一に考えて作られているもの。

例えば、赤ちゃんが自分で立ち上がれるようになってもベッドから落ちにくい設計がされているそうてす。

成長に合わせた調整

赤ちゃんは本当にあっという間に大きくなります。

ココネルエアープラスは、成長に合わせて床板の高さを調整できるので、新生児の頃から歩き始める頃まで長く使うことができるようになっています。

通気性と快適性

赤ちゃんはとてもデリケート。

特にココネルエアープラスに使われているシルキーエアーマットは、通気性が高く赤ちゃんの体圧も分散してくれるので、快適に過ごせるそう。

快適な睡眠環境は、赤ちゃんの健やかな成長にもつながります。

ココネルエアーとプラスはどちらがおすすめ?

どちらがオススメかというのは、何を一番大切にしたいか、ということによって変わります。

再度、両モデルをおさらいしながらみていきましょう。

ココネルエアーの特徴

シンプルな機能性

ココネルエアーは、基本に忠実なベビーベッドです。

必要十分な機能があり、赤ちゃんの安全をしっかり守ります

重さと価格

ココネルエアーココネルエアープラスよりも少し軽く、価格も控えめ

頻繁に移動させたい方や予算を抑えたい方に適しています。

ココネルエアープラスの特徴

進化した清潔機能

プラスの大きな魅力は、なんといってもマットが取り外し可能洗濯機で丸洗いできる点

赤ちゃんの清潔を保ちたい親御さんには、大きなポイントでしょう。

豊富なカラーバリエーション

インテリアに合わせやすい色の選択肢が豊富です。

お部屋の雰囲気を大切にしたい方におすすめ

充実した機能の分、少し重くなっています。

場所を固定して使用する場合は問題ありませんが、頻繁に移動させることを考えている場合は、少し重たいことを考慮する必要があります。

店頭にあるもので確認したらわかりやすいわ

どちらがおすすめ? 

赤ちゃんの清潔を最優先するなら

ココネルエアープラスがおすすめ

取り外して洗えるマットは、赤ちゃんを清潔に保つ上で外せないポイント。

予算とシンプルさを重視するなら

ココネルエアーがぴったり

必要な機能を備えつつ、コストパフォーマンスも良好

部屋の雰囲気に合わせたいなら

ココネルエアープラスの豊富なカラーバリエーションが、お部屋のインテリアとマッチしやすいはず。

移動のしやすさを求めるなら

ココネルエアーの方が少し軽いので、移動のしやすさを求める方向き。

最終的に

赤ちゃんが快適に過ごせるかどうかが、一番のポイント

その上で、親御さんのライフスタイルや価値観に合わせて選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんの成長はあっという間だからこそ、この特別な時期を快適に過ごすために最適なベビーベッドを選びたいところですよね。

ココネルエアーとプラス、レンタルはあるの?

両モデルとも、赤ちゃんの快適な睡眠のためにデザインされた、大人気のベビーベッドです。

それぞれに特徴があり、多くの親御さんから選ばれいまが、ずっと使わないものに大きなお金をかけたくない、または一時的に使いたいと思っている人もいるでしょう。

そんな時、レンタルサービスが役立ちます

それでは、ココネルエアーとプラスのレンタル事情について見ていきましょう。

レンタルサービスの存在

ココネルエアーもココネルエアープラスもレンタルすることができます

赤ちゃん用品を扱う多くのレンタルサービスで取り扱っています

レンタル期間は、数日間から数ヶ月間まで自由に選べるため、里帰り出産家族旅行など、短期間の使用を考えている方にとっても非常に便利です。

レンタルのメリット

経済的

レンタルは、購入に比べて費用を大幅に抑えることが可能です。

特に、短期間しか使わない場合には、レンタルの方が経済的にも理にかなっています。

収納スペースの節約

使用後に返却するため、自宅に不要なものが増える心配がありません

特に居住空間が限られている場合には、この点が大きなメリットに。

最新モデルの利用

ベビーベッドだけではありませんが、レンタルサービスを利用することで、最新モデルを常に利用することができます。

赤ちゃんの安全や快適性に関する最新の機能を試せるチャンスでもあるわ。

レンタル時のポイント

状態の確認

レンタルする前に、商品の状態をしっかりと確認しましょう。

特に、清潔さは非常に重要ですよね。

多くのレンタルサービスでは、商品がきちんと清掃、消毒されていることを、きちんと保証していますよ。

レンタル期間の選定

必要な期間だけレンタルすることで、余計な費用を避けられます

どのくらいの期間必要か、あらかじめ計画を立てておきましょう。

レンタル費用との兼ね合いで期間を見てもいいかもしれませんね。

レンタル料金の比較

異なるレンタルサービスで料金を比較することで、最もお得なオプションを選ぶこともできますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ココネルエアープラス違いや、使用期間レンタルの有無についてみてきました。

ココネルエアーはそのシンプルな機能性と経済性で、ココネルエアープラスは洗濯可能なマットや豊富なカラーバリエーションで、それぞれ異なる魅力を持っています。

また、どちらのモデルもレンタルが可能であるため、短期間の使用やコストを抑えたい方にも最適な選択ができるようになっています。

赤ちゃんの成長は一瞬です。

その貴重な時期を、できるだけ快適に、そして赤ちゃんにとって最善の環境を用意したいと考えるのは、すべての親御さんの共通の願いでしょう。

赤ちゃんをお出迎えした暁には、癒やしの塊である赤ちゃんとの毎日を全身全霊で楽しんでくださいね、応援しています。

目次