小学生が友達の家で遊ぶのは何時までがベスト?帰宅時間の決め方は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

小学生の子どもがお友達の家で遊ぶ際、保護者として1番気になるのは「帰宅時間ではないでしょうか。

子どもたちにとって、友達との時間は楽しく最高なひと時で堪能させてあげたいですが、遅くなりすぎると心配になるもの。

また、お友達の家での遊びが長引くと、相手のご家庭の都合や、自分の夕食の準備、子供の翌日の学校生活に影響するのではないかと心配もしますよね。

適切な帰宅時間は、季節や日没時間などの要因で変わってきます。

しかし、具体的にどのように帰宅時間を決めるのか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 小学生の子どもが友達の家で遊ぶのに最適な帰宅時間と決め方
  • 親の挨拶
  • 親による送迎

について深掘りします。

子どもの安全と保護者の安心のた目の実践的なアドバイスもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

小学生が友達の家で遊ぶのは何時までがベスト?

時計の写真

小学生の帰宅時間を決めるには、考慮すべきポイントがあります。

  • 子供の年齢
  • 季節やその日の天候

子どもの年齢

低学年のうちは、17時頃までには帰宅することが一般的です。

これは、夕方から夜にかけての見守りが難しく、また早めに夕食や宿題の時間を確保するためです。

高学年になると、少し遅い時間でも大丈夫かもしれませんが、翌日学校がある場合は、遅くとも18時から19時までには帰宅するのが望ましいでしょう。

17時をさす時計

季節やその日の天候

日が沈む時間に合わせて帰宅時間を早めたり、雨の日は早めに帰宅するなど、安全を最優先に考えましょう。

また、友達の家との距離や、どんな遊びをするのか、というのも帰宅時間を決める上でも大切

遠くまで行く場合や、体力を消耗する活発な遊びをする場合は、いつもよりも早めに帰宅する方が良いでしょう。

親としては、子どもが友達と遊ぶ際に、安全に楽しく過ごし、無事に家まで帰ってくることを願うものですよね。

安全に家まで帰ってこれる体力と判断力を考慮すべきかも。

小学生が友達の家で遊ぶときの帰宅時間の決め方は?

帰宅時間の決め方

小学生が友達の家で遊ぶときの帰宅時間は、子どもの安全と健康を第一に考えて決めましょう

また、ルールを守ることの大切さを子どもに教えながら、柔軟に対応することも重要です。

そして、子ども自身にも「なぜその時間に帰らなければならないのか」を説明し、理解してもらうことも必要です。

  • 子供の年齢と活動範囲
  • イレギュラーな場合
  • 急な帰宅時間変更の対策

親子でしっかりとコミュニケーションを取りながら決めてみてくださいね。

子どもの年齢と活動範囲

小学校低学年のうちは、比較的早い時間に帰宅するのが無難です。

遊ぶ場所が自宅から近い場合でも、暗くなる前には帰るようにして、安全面でのリスクを減らしましょう。

一方、高学年になると少し遅い時間まで遊ぶことが増えるかもしれませんが、その場合でも事前にしっかりと約束をしておくことが重要です。

お母さんと子どもの絵

イレギュラーな場合

季節や特別なイベントがある日などは、特例として、普段と異なる帰宅時間を設定することもあるでしょう。

その日限りの特例として、しっかりとルールを設けることが大切です。

急な帰宅時間変更の対策

もしもの時のために、子どもが携帯電話や緊急連絡先を持っていると安心かもしれません

また、帰宅時間が遅れそうな場合は、必ず保護者に連絡を取るように、理由も添えてしっかり子どもに伝えましょう。

携帯電話については、ご家庭それぞれに考えがあります。時には子供同士のやりとりの中で、マウントをとる要因になりえます。トラブルとならないように気をつけておくべきアイテムであることも忘れずに。

小学生が友達の家で遊ぶとき親の挨拶は必要?

挨拶をする絵

結論からいうと、保護者の挨拶はとても重要。

挨拶は単に礼儀正しさを示すだけでなく、遊ぶ上での安全の確認や信頼関係の構築子供のマナー教育にもつながります。

特に初めて遊びに行く場合、お友達の家に頻繁に遊びに行く場合でもですが、その都度きちんとした挨拶を心がけることが大切です。

  • 安心と信頼の構築
  • お互いでルールの共有
  • 子供への礼儀とマナーの教育
  • 保護者間のコミュニケーション

安心と信頼の構築

まず、お友達の保護者と直接顔を合わせることで、お互いの存在を認識し、安心感を得ることができます。

お互いの保護者がどのような人物か知ることは、子どもたちが安全に遊ぶためにも知っておきたいこと。

何かあった時のために、緊急連絡先の交換をしておくに越したことはありません。

お互いでルールの共有

ルール

挨拶の際には、遊ぶ時間やおやつといった飲食について帰宅時間など、基本的な約束事を確認し合うことができます

子どもが遊びに行く際のルールを明確にし、保護者間での認識のすれ違いやトラブルを避けることができます。

また、子ども自身が、お友達の家で遊ぶ際にどのような行動が期待されているかを、子ども自身にも理解させることができます。

子供への礼儀とマナーの教育

礼儀

子どもに親の挨拶をする姿を見せることで、礼儀やマナーを教える良い機会にもなります

子どもが自ら挨拶を行うことで、社会性やコミュニケーション能力を学び、将来的に役立つ社会的スキルを身につけることができます。

保護者間のコミュニケーション

親が挨拶をすることで、子どもだけでなく保護者同士のコミュニケーションも促されます

これにより、お互いの家庭の価値観やルールを理解し合い、子ども同士の友情だけでなく、家族間の交流も深まることがあります。

もう少し広い目で見ると、地域でのつながりが強くなっていくので、お外遊びでも子どもたちが安全に遊べる環境にも繋がるわ。

小学生が友達の家で遊ぶとき親が送り迎えする?

送り迎えする親

親として、子どもが友達の家で遊ぶ時の、行き帰りの安全も気になるもの。

特に、小学生のうちは、子どもたちが安全に遊びに行き帰ってこれるよう、親が送り迎えすることが多く見られます。

いつから子ども一人で行かせるべきか、またどのようにして安全を確保すべきか、多くの保護者が悩むところでもありますよね。

  • 送り迎えの適切な時期
  • 安全対策
  • 子供の成長を信じる

送り迎えの適切な時期

車の絵

送り迎えの必要性は、子どもの年齢だけでなく、距離周囲の環境子どもの自立心や安全に対する認識によります

一般的に、小学校低学年のうちは、親が直接送り迎えをすることが多いです。

しかし、小学校高学年になると、子どもたちも少しずつ自立し始め友達の家へ徒歩や自転車で行くことも増えてきます

子供が自立し始めたと思ったら、子どもの成長に合わせた自立のサポートをしていくことが重要です。

安全対策

ヘルメットをして自転車に乗る子ども

例え送り迎えをしなくなっても、安全対策は欠かせません

まず、子どもが遊びに行く友達の家やその保護者について知っておくこと、そして子どもが持つ携帯電話の使用目的や使い方緊急連絡先をしっかりと子どもに伝えておくことが大切

また、帰宅時間の約束や、何かあった時の対処法についても話し合っておくことが大切です。

子どもの成長を信じる

子供の成長

が送り迎えをする期間は、子どもの安全を守るために必要ですが、子どもたちが自立するためのステップも必要です。

子どもの成長に合わせて徐々に自由を与えることで、子ども自身の判断力や責任感を育てることができます。

子どもが自分でできることを増やしていく中で、保護者は適切なサポートを行い、子どもの自立を後押しすることが重要です。

子どもと自転車の絵

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、子供が友達の家で遊ぶ時の、帰宅時間の決め方や、相手方への挨拶、そして送迎について掘り下げてみました。

昨今のご時世を考慮すれば、子どもたちが友達の家で遊ぶのは、特別な楽しみでしかないもの。

しかし、安全面とお相手にご迷惑をかけないようにと考える保護者としては、適切な帰宅時間が気になりますよね。

子どもを友達の家で遊ばせる場合には、遊びの時間だけでなく安全を考慮して送り迎えをしたり、先方への挨拶など、常識的な行動を心がけることが大切です。

子どもたち一人一人が、健全な社会性を育むことができるように、保護者としても適切なサポートを行いましょう。

これからも、子どもたちが友達との貴重な時間を最大限に楽しめるよう、保護者同士で協力し合いながら、安全で充実した子育てを目指していきたいですね。

目次