結婚式サブバッグの代用品アイディア!紙袋でもいいの?

当ページのリンクには広告が含まれています。

結婚式に招待されたら、まず考えるのは、どんなドレスを着ていくか、どんなアクセサリーを選ぶか、ですよね。

ドレスやアクセサリーはすぐ決まるかもしれませんが、サブバッグについては意外に悩む人が多いはず。

小さなパーティーバッグには入りきらないものや、念のため持っておきたいものがあると、サブバッグがどうしても必要になりますよね。

かといって、敢えて買い足すには出番はさほどないしな、とためらう人も多いでしょう。

そんな時、普段使っているバッグや紙袋でも代用できるかも、と思うかもしれませんね。

そこで今回は、

  • 結婚式に適切なサブバッグの代用品
  • アイディアやマナー
  • 紙袋使用の是非

を紹介していきたいと思います。

目次

結婚式サブバッグの代用品アイディア!

結婚式に参加するけど、フォーマルなサブバッグを持っていない、または新しいものを購入するのに、今後の使用予定が気になったり、予算が限られていると、どうしようか迷うことがありますよね。

代わりに紙袋を使ってもいいかなと考えたりする人もいるでしょう。

そこで、結婚式でのサブバッグとして何が使えるか、そして紙袋を使うのはアリかどうかを一緒に見ていきましょう。

結婚式でのサブバッグとは?

サブバッグは、結婚式でメインのおしゃれなパーティーバッグに入らないものを持ち運ぶためのバッグのこと。

パーティーバッグは見た目が優先されるので、実際は、中にはあまりたくさんのものが入りません。

たとえば、予備のストッキングや化粧ポーチみたいに、持って行きたいけどそんなに大げさに見えるほどじゃないアイテムを入れておくのに役立ちます。

特に、親族として参加するなら、あらかじめもっと経験のある年配の親戚に聞いてみるのもいいかも。経験豊富な年配者は、マナーや場の雰囲気について厳しい目を持っていることも。

サブバッグの代用品

クラッチバッグ

クラッチバッグはシンプルでおしゃれなので、サブバッグとして最適です。

小さいけど、外出時の必需品を入れるにはちょうどいいサイズです。

大きさによって、メインのパーティバッグにもなるわ。

ファブリックバッグ

布製のバッグは軽くて持ち運びやすく、フォーマルな場でも使える素敵なデザインのものが多いです。

柔らかい素材を選べば、フォーマルな雰囲気もしっかりキープできますよ。

透明のビニールバッグ

透明なビニールバッグは、何を入れるかによってカジュアルにもフォーマルにも対応できる万能なアイテム。

中身が見えるから、中をきれいに整理しておくことが大切よ。

ハンドメイドバッグ

裁縫が得意であれば、自分で布バッグを作るのもおすすめです。

フォーマルな場に合わせた素材を選び、自分だけの小さめバッグを作ってみるのもアリ。

特別な感じがするのがいいわね。

結婚式サブバッグは紙袋でもいいのか?

基本的には、結婚式で紙袋をサブバッグとして使うのはあまりオススメできません

だけど、もし準備がどうしても難しいは、紙袋を使う方が、何も持たないよりマシかもしれません。

ここでは、やむを得ず紙袋を使う場合のポイントをいくつか紹介します。

サブバッグとして紙袋が推奨されない理由

結婚式は、ドレスアップするフォーマルなイベント

フォーマルな場所に持っていくものとして、日常使いのカジュアルな紙袋はちょっと場違いなところが否めません。

紙袋を持って行くと、せっかくのドレスアップも少し影を落としてしまうかも。

結局は、紙袋は買い物をしたときの袋なのよね。

でも、どうしても紙袋を使うしかない時は、次のことを意識してみてください。

デザイン

目立つロゴやキャラクターの入った紙袋ではなくて、なるべくシンプルで清潔感のあるものを選びましょう。

サイズ

必要以上に大きな紙袋は避けましょう

必要なものがピッタリ収まるサイズがベスト

ちょうどいいフィット感が大事です。

状態

破れていたり、汚れていたりする紙袋は絶対に避けましょう

必ず、清潔で新品に近い状態か良いのものを。

扱い方

扱い方は大事です。

紙袋であっても、丁寧に扱いましょう

雑に扱い、ぐしゃぐしゃになると一気に品がなくなりかねません。

印象や雰囲気を損なわないように心がけましょう。

結婚式サブバッグの色は何色でもいいの?マナーは?

結婚式に持っていくサブバッグを選ぶとき、ちょっとしたマナーがあります。

どんな色を選ぶかも、その一つ。

結婚式って、とてもハッピーなイベントなので、雰囲気に合った色を選ぶのが大切

基本は、明るくて華やか、または上品な色がいいみといわれています。

暗すぎる色や、派手な色は避けるべき

おすすめの色

ベージュやアイボリー

ベージュアイボリーはおすすめで、ドレスに合わせやすくて、上品さもプラスしてくれます。

パステルカラー

パステルカラーは、特に春や夏の結婚式にピッタリ

ネイビーやダークグリーン

ネイビーダークグリーンも、暗すぎずフォーマルな場に合うから意外とオススメ。

注意したい色

全身黒で行くと、ちょっと弔事っぽくなってしまうので気をつけて。

でも、カラフルなドレスに黒のサブバッグを合わせるとかっこいいですよ。

色使いとバランスね。

白系

白系は新婦とかぶるため、避けた方が無難

でも、純白ではない、オフホワイトやクリーム色ならOK。

被らないようにすればヨシよ。

派手な色

あくまで主役は、新郎新婦

派手すぎる色は、新郎新婦より目立ちかねないので、新郎新婦を引き立てるためにも避けるべき

サブバッグを選ぶポイント

バランス

サブバッグを選ぶポイントは、バランスが大事。小物1つでドレスの印象がぐっと変わります

ドレスとのバランスを考えて選んでみてね。

会場の雰囲気

結婚式の場所や雰囲気にも合わせて、屋外のカジュアルな結婚式ならもう少しカジュアルなバッグでもOKだけど、フォーマルな場所なら、フォーマルに見合ったサブバッグを選びましょう。

結婚式サブバッグは普段使用しているものでもよい?

結婚式に持っていくサブバッグは、新しく買う前に自分の持ってるバッグの中から選ぶのもアリです。

意外と今持ってるバッグでピッタリなものが見つかるかも。

親がよさそうなバッグをもっていれば、借りるのもアリよ。

普段から使ってるバッグをサブバッグとして使うメリット

  • お金がかからない
  • 使い慣れている
  • 自分らしさを出せる

お金がかからないことや、使い慣れているから焦らず中身がすぐに取り出せること、そして自分のスタイルを出せること。

また普段から気に入っているものなら、自分らしさをコーディネートにいれられます。

例えば、シンプルなレザーのバッグは、黒やダークブラウンなどの落ち着いた色を選ぶとフォーマルな感じで使えます。

普段使いのバッグを選ぶときのポイント

雰囲気

デニムやスポーツブランドのバッグはカジュアルすぎるから避けて、フォーマルかセミフォーマルな感じのバッグを選ぶこと。

サイズ

大きすぎるバッグは避けるべき

持ち物が少ないなら、小さめのバッグが断然スマートに見えます。

あとは、バッグがきれいかどうかもチェックを忘れずに。

汚れや傷があると印象が悪くなるので、結婚式に持っていく前にきれいにクリーニングをしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結婚式のサブバッグに関して、紙袋を代用品として使えるかどうか、そして代替品アイテムについてみてきました。

フォーマルな場にふさわしいサブバッグの選択は大切ですが、状況に応じて柔軟に対応することもまた結婚式参列の秘訣。

サブバッグが結婚式参列のドレスのアクセントだと考えながら、トータルコーディネートを楽しんでみてください。

結婚式参列において自分らしさを大切にしながらも、場の雰囲気やマナーを考えながら、参列の助けになれば幸いです。

温かい雰囲気の中での結婚式を存分に楽しんできてくださいね。

目次